FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
2017

自転車~ロードバイクが欲しい!

17426318_1296859147088261_1172797152044187341_n (2)

ロードバイクのレンタルに来られるお客様は様々・・・

淡路島という観光地にあることから、観光旅行のついでにチャリ的な

また、『サイクリストの聖地』と呼ばれて久しい淡路島なんで、
そんなにいいとこなら乗ってみたい!という方

たまたま、阪神圏から近いところでサイクリングするのに適してる?
それと、ロードバイクのレンタルがあるってことから

そんなこんなで、

先ずは一回乗ってみよう!

っていうお客様がほとんど~

中には、もう買う&買った人が体験に来られる場合も

まあでも、ほとんどがロードバイクってどんなもんか?」って方が多いですね

なので全くの初心者さん、最近はちょっと知識が増えてきた?ですが、
知識も全くなしの方も多かったこれまで

自転車の扱い方?乗り方?ブレーキ?ハンドルのどこを持つの?

またがり方までレクチャーしております(笑)


そういうサービス!?を提供している島くるAwaji&店長!

20170330_094948 (3)

やっさもっさとレクチャーを受けて、よろよろと乗れるようになってご出発!

まあ、初心者さんなら初乗りは30㎞~50㎞がおススメやっと

戻ってきた方がまず口にするのが

「お尻ケツ痛い

初乗りの感想はその一言がダントツトップです(爆)

でも、お尻は痛くともスピード感や加速~風を切って走る爽快感などなど・・・

一発乗ってすっかり嵌ってしまう方も多いのがロードバイク

戻ってきて店長と雑談内容の割合としては、お尻が痛いと訴える方~

そして、乗り方に対する疑問?※特に坂道のしんどさ

続いて、ロードバイクが欲しくなった方の質問が多いです

価格やランク?メーカーやメンテナンス、保管方法や取扱等々・・・

一度のライド体験で、夢が膨らむ方の質問は多岐にわたっております

コンポがなんぞや?

ボディーの素材の違い?価格の違い?

お尻が痛くならないサドルはあるのか?

そもそもどうしてロードバイクのサドルはこんなに硬くて薄くて細いのか?


そんなこともひっくるめて、どんな自転車買ったらいいの?と質問される店長!

ズバリ、答えは  フィーリング!

どこのメーカーがいいかなんて、初心者には毛頭違いもわかりません

メーカーのフラッグシップモデル=超お高い最高モデルを買われるレベルの方なら
色んな違いを比べられるかもしれませんが、、、

初乗り?数回乗ったレベルの方がフラッグシップを買うまでの決心は難しいでしょう~

そういう店長も、仕事柄ロードバイクに乗って3年経ってからマイチャリ買いましたが、
細かいところは全然わからない~サイズすらイマイチピンと来てないレベル(汗)

なので、趣味でロードバイクに乗られる方は見て気に入って購入できる価格のものを
買われるのが一番!

但し、何分速度が出て~平坦だけでなくアップダウンをこなす自転車だけに、

特別安いものや(型落ち品とかでなく)、中古(どんな乗り方をしたかわからない)を買う時は
格別に疑って慎重に確認してください!※初心者さんは出来たら避けた方がいいかと思います

初心者さんがネットとかで買うのも控えた方がいいと思います
※サイズやら細かい扱いも知らないと思うので・・・

飾っておくだけの自転車ならどんなものでもいいですが、乗って楽しむ目的であれば

きちんとした品物を出来るだけ安く(笑)購入してもらいたいと思います

安物買いの銭失いという言葉・・・もしかして、なんとなくサイクリストにぴったりの言葉かも?ww

先日、乗り方のことに対しても責任感を持って!とアドバイスさせて頂きましたが、

自転車の購入にも出来たらきちんと購入計画を立てて頂けると、安くいい物を入手できると思います!!!

ロードバイクは自転車だけ買えばいいってものでもないので・・・

店長なんて、最初フレームセットが完成車だと思っていたこともありました(爆)

おっとっと、、、

話が逸れましたが、メーカーや色のフィーリングが人間的に一番ピンとくるところですが、

ロードバイクはある意味体の一部として命を預けて楽しむものでもあるので、

微妙なサイズやポジション(ハンドルまでの距離や高さ、サドルの高さ等々)が重要に
なってきます!

レンタサイクルのお客様に同行してこられる経験者の方の自転車・・・

時々、知り合いに譲ってもらったとか、誰かのをを借りて乗っている方も多いです~

身長が同じであれば、微調整で共有も可能かもしれませんが、

手足の長さや体の固さなど様々な部分で調整が変わってくるロードバイクなので、

サイズ違いは致命的です!

小さいサイズならば窮屈になり、本来の気持ち良さや加速&操作に影響が出るレベルですが

大きいサイズに無理に乗った場合は、体に無理がかかって最悪転倒や落車などの
トラブルにも発展します!

残念なことに、乗りこなしていけば体調や慣れなどによっても多少の調整が出てくる
ロードバイクなので、初心者さんが最初からピタッとくるサイズを見極めるのは
難しいと言えるでしょう~

でも、身長が目安になるのでフレームのサイズを選ぶときは身長で!

さらに余計なことを書くと(笑)
自転車のサイズはメーカーによっても多少の違いがあるので、、、

適正身長と書かれている範囲でチョイスするのですが、細かく言うと・・・

例えば155㎝~165㎝と書かれていて、身長が165㎝の方なら一番小さめで

155㎝の方ならギリギリ大き目で乗られることになることも覚えていてください


短時間ならば、さほど気にならないことも100㎞を超えるロングライドになってくると
ちょっとしたサドルの高さやハンドルまでの距離だけでも負担が大きくなってきます~

ましてや、ずっと乗るマイチャリなのでちょっとした妥協が後々大きく影響してくる可能性大です!

店長的には、出来たら最低でも3回~5回くらいはレンタル等でロードバイクに
乗られてある程度慣れてから購入される方がいいかと思います・・・が、

物理的に難しい方なら上記のアドバイスを考慮して素敵なマイチャリをゲットしてください

20170714_072536 (2)
スポンサーサイト

Tag:島くるAwaji 初心者ライド ロードバイク 初心者コース サイクリング初心者 淡路島 サイクリング

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。