--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24
2017

終わらなかった、、、

CATEGORY馴初め♡
IMG_20150729_072514 (2)


店長のこれまでの話をシリーズ(笑)にしてお送りしておりました~

前回、最終回!?かと思っていたのですが、まだちょっと言いたいことが続くので~

とりあえず書いときます!!!

レンタルSHOPのマネジャーをすることになってから乗り始めたロードバイク!

何が何かもわからず・・・値段も高い?くらいしか知らず・・・

フレームの素材がどーのこーの?

メカ?って???

サイズ?タイヤ?チューブ??っとドドッと覚えることが出てきて~

ついでに、事前研修!?ww
教材として渡されたのが『ツールドフランス』のDVD・・・それもNHKから販売されてる
1985年~1991年までのパッケージ~(爆)

年末に渡された教材をお正月の合間にちょろちょろ見ました~

めちゃ嵌るということはなかったですが、とっても良かった

特にベルナールイノー

そして、悲劇の王者ローランフィニョン

皆さんから渋いと言われましたが、教材が教材だっただけに、
今?その頃?を時めく、フルームやらサガンやらは全然ノーマーク、、、

まあ、でも古き良き時代のロードレース!良かったです~おススメです~

話を戻すと、まったく前情報も知識もなくロードバイク関連の世界に飛び込んだ店長~

その後も、金銭感覚がマヒするような自転車を見せてもらったりしたのですが、

店長が初めて乗ったバイクはSHOPにレンタルとして置いてあったアルミのバイク!
コンポは旧105がついてました~

身長が158㎝で、ユニセックスモデルの48サイズ・・・で、初心者ということもあり
ちょっとトップチューブ長が大きかったようです

ステムを60㎜に変えてみたら、乗れました!・・・ってレベル(今思うと)

そして、そのバイクでしばらく走っていたのですがとあるときに立ちごけして
エンドを曲げて乗った瞬間に巻き上げてしまい・・・そのタイミングで卒業

違うメーカーのアルミで、カンパニョーロのコンポがついてるバイクに乗り換えたのですが、
こちらもxsサイズで前のバイクよりさらにちょっと大きめ?

こちらもステムを60㎜に変えて、何とか乗ってました~

ただ、カンパの場合お店の初心者講習等で使うとレバー操作が違うので、
説明が面倒~ってなわけで、次に登場したのはびっくりメーカーの

カーボンロード!コンポはなんとデュラエース!

サイズは日本にはその頃はあんまりなかったxxxsというサイズでトップチューブ長が505くらい?

それでも、60㎜のステムで乗ってました~ってか小さいバイクは必ず60㎜で組むのかな?

それまでのアルミバイクは完成車だったので、ホイールも完成車用の通称「鉄下駄」(笑)

このカーボンロードには、カンパニョーロのZONDAがついてました~

皆から、これに乗ってしまったらグレードダウンできないよぉ~と脅しをかけられたのですが

こちらのバイクとはあまり長い間ご一緒できずに引き裂かれましたww

もういい加減に自分のバイクを買えよ!!!って言われてるような気がしつつも・・・

特にバイクに興味が出てこない店長(汗)

レンタルの初心者さん目線で、お客様が快適に安全に乗れるバイクにしか興味が
なかったので・・・(っということにしておいて)

乗るバイクがなくなった時にも、特に「買う」という選択肢には程遠かった~

そして、レンタルにあったカーボンバイク~メーカーは一緒だったのですが、
サイズが一個大きくて、一回乗っただけでテンションダウン、、、

サイズでいうとxxsなんで49弱くらいだったのか?

トップチューブに跨ると、ちょっとお股にあたる感じ?

いよいよ困ったなぁ~と思っていたところ、倉庫に放置されていた
とある方から「レンタルにでも使ってください」と頂いた?カーボンバイク・・・

サイズは、上司が言うには48くらい?

乗ってみると、やや大きかったけどこれまでのバイクよりは無理がない感じ?だったし、

コンポは旧105(その頃には新105が出てましたが)でも、なんかいい感じグレードダウンできました(爆)

ということで、今回のおNEWバイクを購入するまでの間、苦楽を共にした相棒でした~
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。